自分で更新できる「ホームページ」を制作します。ビジネスブログだけでなくプライベートなオリジナルのブログも制作致します。

2012年8月30日(木)

ブラウザチェック

ホームページを制作した際に、見落としがちなのが「ブラウザチェック」。
プロバイダー等のブログ、FaceBook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)を使用している人には無用なことですが、ご自身でHPを制作されている方は知っておく必要があります。

 

利用者数で考えると、WindowsのIE(Internet Explorer)を使用している人がもっとも多いと思います。制作したHPもIEのブラウザで確認しておしまいって人も多いでしょう。
しかし、ブラウザのパージョンやタイプによってHPの見え方は違います。その為にさまざまなブラウザで表示を確認する必要があります。
私的に1番注意するブラウザは

safariですね。safariではIEで表示されるより文字サイズがワンサイズ大きく表示されます。
つまり、IEでは1行に丁度収まっていた文章がsafariでは改行されて2行になるという事がおきます。
改行されることによりレイアウトが崩れる仕様な場合もありますよね。文字も画像化してしまえば間違いありませんが、SEO的にチョット・・

 

そういう場合はCSSハックなどを使います。CSSハックとは、異なるブラウザ間のバグを同一に表示させる技法とでも言いますかテクニックですね。
CSSハックを使えば、上記のような文字サイズの違いもIEは14ピクセル、safariは13ピクセルなどにする事によりほぼ同一に表示させる事が出来るようになります。検索サイトで「CSSハック」と検索すればいくつも方法が紹介されているサイトがあるので確認してみましょう。


Powered by Business Blog   Production by KODAMA Web Design Japan